癌に関する専門知識

癌に関する専門知識 日本人の食生活はどんどん欧米化しています。手軽で美味しい食事が簡単に手に入るような時代になりましたが、食事の欧米化が進むことで生活習慣が乱れ、一昔前の時代よりも癌を発症する人が増えているのです。癌には色々な種類がありますが、どれにも共通して食生活の乱れが関わっています。ですが医療技術が向上したことにより、早期発見することができれば完治する可能性は以前よりも高くなりました。ですが重要なのは医療に頼る前に自分で防ぐことです。それぞれの癌について特徴を知り対策を考えましょう。

日本人に多い胃癌

これまで日本人に最も多い癌とされてきたのが胃癌です。ですが最近では治せない病気ではなくなってきています。一昔前と比べて検査方法や治療技術が大きく向上しているため、定期的な治療や処置を怠らなければ完治する可能性は充分にあります。ですがそもそもの原因となっている食生活やストレスによる過食など根本的な原因を取り除き胃を休めることが大切なのです。こちらのページでは胃癌が完治できる病気と言われる理由や検査方法などについても詳しく解説していきます。

増加する肺癌

胃癌に代わっていま急速に増えているのが肺癌です。肺癌は欧米諸国やヨーロッパをみれば発症人数が減少しているのにも関わらず日本国内では増え続けています。これはどうしてなのでしょうか。実は肺癌患者数の増加には日本の喫煙者数の多さが関わっています。アメリカやイギリスの喫煙者数は減少していることから、日本人がいかに喫煙率が高いかが分かります。またタバコは周りの人にも発癌性物質の入った副流煙が影響を与えるため予め注意が必要です。

50代から急増する大腸癌

大腸癌の原因は外食が増えたことによる偏った栄養バランスにあると考えられています。特に動物性タンパク質の過度な摂取、あるいは野菜不足からくる食物繊維の不足など非常に消化吸収の悪い食生活を繰り返しています。大腸癌を発症するのは高齢者が多く特に50代を過ぎてから急増しているようです。このように毎日の生活が原因ですが、初期の頃は症状などがあらわれず気づきにくい方が多いです。そのまま放っておくことがないように、少しでも身体に異変を感じたら病院へ直行するようにしましょう。

早期治療が必要な乳癌

みなさんは近年乳癌を発症する女性が増えていることをご存知でしょうか。乳癌は比較的若い年齢の人であっても発症する可能性があり、気づかないうちに体内に転移してしまい手遅れとなるケースも少なくありません。ですがその反面、乳癌が一番早期発見の影響が大きい病気でもあります。乳癌を患う患者が増え始めた理由には生活習慣の乱れはもちろんのこと、様々な原因があります。今回はそんな乳癌についてや、早期発見がいかに重要なことなのかについてご紹介しています。

あわせて読みたい記事