日本人に多い胃癌

日本人に多い胃癌日本人に一番多い癌が胃癌と言われていますが、最近では治せない病気ではないとされています。では実際に胃癌を完治させるためにはどうすれば良いのでしょうか。また早期発見の重要性についても同時にみていきましょう。

早期発見で完治することができる

早期発見で完治することができる元々日本人に一番多い癌とされていたのが胃癌です。ですが最近では医療が急速に進歩したことで、胃癌を早期発見できれば殆ど完治することができるとまで言われるようになりました。検査方法や実際の治療方法まであらゆる面で医療技術が向上しているため定期的に治療を受け続ければ決して恐れる病気ではなくなりつつあります。ですが大事なのは早期発見よりも前に胃癌になるリスクはできるだけ避けることです。胃癌は食生活や生活リズム、嗜好品などが大きく関係しているため、生活習慣、特に食生活の見直しが大切だと言われています。

胃癌になってしまう原因とは

胃癌になってしまう原因とは胃癌にかかる一番の原因はやはり食生活の乱れです。胃にある粘膜は粘液などで守られていますが、辛いものや塩分の濃いものなど刺激の強い食べ物ばかりを摂取していると炎症を起こしてしまいます。この炎症が胃癌のきっかけとなるのです。またその他にもお酒の呑み過ぎや、お肉や魚などのタンパク質の焦げた部分、喫煙は発癌性物質を含んでいるためよくありません。特にタバコに含まれる発癌性物質は唾液で吸収され胃に直接入ってしまうため、胃癌の原因になります。さらには深夜遅い時間の食事や早食い、大食いなどといった食生活の乱れや生活習慣の乱れも胃に大きな負担をかけることになります。

胃癌の初期症状

胃癌の初期症状胃癌も他の癌と同様これという初期症状がありません。ですが、胃が痛い、ムカムカする、食欲が出ないなどの変化があれば医師に相談した方がよいでしょう。あまり長く続くようであれば検査を受けることをおすすめします。またその他にも嘔吐や吐き気、便秘や下痢、黒い便などの症状が続く場合も病院で一度検査を受けましょう。癌は放置しておくと命の危険にも繋がります。大切なのは早期発見ですので、少しでもおかしいなと感じた段階ですぐに医師の診断を聞くようにしましょう。

胃癌の検査方法とは

胃癌の検査方法とは胃癌の検査はX線検査で行います。X線検査を行う前にバリウムと発泡剤を胃にいれて胃の中の状態を調べていきます。またもう一つの方法として内視鏡検査というやり方もあります。これはX線検査で何か異常があった際に行うもので、ファイバースコープを挿入して異常が見つかった部分を直接検査していきます。

あわせて読みたい記事