早期治療が必要な乳癌

早期治療が必要な乳癌癌は早期発見が今後の人生を左右するといっても過言ではありません。ここでは乳癌の知識を深め、専門知識の重要性についてご紹介しています。

乳癌について

乳癌について女性の乳房は、出産する際に乳汁を分泌する大切な役割を担う附属器官です。乳房の中には「乳腺」があり、中には脂肪組織、腺組織、神経、血管、などが含まれています。この組織は複数の「腺葉」に分けられており、さらに複数の腺葉は多くの「小葉」に枝分かれするような形で形成されています。それぞれの腺葉から1本ずつ乳管がでていて小葉あるいは腺房と連携することで最終的に主乳管となり乳頭(乳首)まで届くような仕組みとなっています。小葉は乳汁を分泌する役割をもつ腺房が集まることで形成されています。
乳癌は乳腺を形成する乳管や小葉の内腔の裏側にある上皮細胞から発生します。この癌細胞が小葉の中にでき、とどまる状態を「乳管内癌」あるいは「非浸潤癌」といいます。またここから小葉や乳管を包み込んでいる基底膜を破り外へでている状態を「浸潤癌」といいます。その他に「パジェット(Paget)病」という湿疹様病変が発生する症状の3種類に大きく分類されます。この乳癌の発生でできる細胞は患者によって異なるため成長のスピードもそれぞれ違います。

乳癌の治療方法

乳癌の治療方法乳癌の治療方法は手術の他に放射線治療や抗癌剤による化学療法、ホルモン療法などがあります。この中で一番基本となるのは手術です。一度体内に出来た悪性の細胞を根本から取り除くことが癌を完治させる一番の近道だからです。また最初に癌の原因となる部分を取り除くことで他の治療をより効果的に行うことができるからです。最近では手術を最優先する考え方ではなく、抗癌剤による化学療法やホルモン療法の技術が進歩したことから患者の病状に合わせて治療方法を相談するやり方も増えてきています。
手術を中心に考える治療法は、しこりの大きさや進行具合、癌の悪性度、リンパ節など他の部位への転移状況を基準に判断していきます。場合によっては他の治療と組み合わせることが難しいケースもあるため、その場合は手術以外の治療法からスタートして経過を見る場合もあります。

早期発見が大きく影響する

早期発見が大きく影響する癌が他の病気と違うところは進行性であり放置している間に様々なところに転移してしまう可能性があることです。癌の細胞には様々な性格の細胞があり幸いにも乳癌は他の癌に比べて進行が遅いのが特徴です。ですが、身体の他の機能に転移してしまう恐れがあるため、万が一リンパなどに転移していた場合は血液から癌細胞が体内へ入り肺や肝臓などにも広がり命を脅かす危険性もあるのです。そのため乳癌の完治にあたり早期発見はとても大きなポイントとなるのです。

あわせて読みたい記事