専門知識が求められる看護師

専門知識が求められる看護師 最近ではどの病院でも看護師の人材不足が問題視されていますが、看護師に求められるレベルは年々上がっています。特に医療の専門知識に関しては新しい薬や医療機器などの入れ替わりが激しいため、新しく導入される度に知識を習得しなければなりません。ベテラン看護師として長く現場に立ち続けるためにとても大切なことです。医療事故と隣り合わせで失敗の許されない場所に立つ看護師ですが、この看護師1人の存在は患者だけでなく病院経営にも大きな影響を与えています。

新人ナースが受ける洗礼

看護学校を卒業すると、新人としてそれぞれの配属先へと入職するわけですが、最初はできないことばかりで自分の不甲斐なさに落胆することもあるでしょう。ですが医療現場では授業で学ぶことのなかったイレギュラーが日常的に起こります。最初から臨機応変に対応できる看護師などいません。一人前の看護師として医療現場で活躍するためには自分の力不足を補う努力の積み重ねがとても大事なのです。こちらのページでは新人看護師が受ける洗礼や、心構えなどについてお伝えしています。

起こしてはならない医療事故

看護師の仕事はいつも医療事故との隣り合わせです。一般企業のようにミスをして謝ってすむなんてことはありません。看護師のミス1つが患者の命を左右する可能性もあるのです。看護師として病院で勤務する人達はみな、医療ミスを予防するために様々な意識を持ちながら日々仕事に取り組んでいます。ここでは医療事故を防ぐために意識するべきポイントや注意点について紹介しています。1つのミスも許されない仕事だからこそ医療事故の原因を充分に理解しておく必要があるのです。

病院経営のカギ

病院経営を支えているのは医師と看護師、そして患者です。中でも看護師は病院内の中核を担う人達であり、病院内の仕事の大半を担当しています。一方で病院の収入は患者から得られる診療報酬で成り立っていますが、ここにも大きな影響を与えているのが看護師の存在です。最近では診療報酬のマイナス改定により病院経営に頭を抱える人も増えている中、看護師に対する評価は上がっていますし、各病院の看護師の人材確保は共通した課題となっています。

あわせて読みたい記事