血液に関する専門知識

血液に関する専門知識 看護師の仕事の中で取り扱う機会が多いのはおそらく血液でしょう。看護師には採血や献血、輸血など血液に関わる業務が多いため、血液に関する専門知識は最低限必要とされます。ですが血液は取り扱い方次第で時に患者を命の危険にさらす場合もあります。また血液を取り扱う場面では看護師の手技が検査の結果に影響したり、時にリスクを伴う場合もあるので理解を深める必要があります。また近年患者数の増えている血液透析や合併症についても解説しています。

採血時の手技と結果

新人看護師の多くが直面する壁として、採血があります。採血は一見簡単そうに見えますが、看護師によって様々であり看護師の手技が検査の結果にも影響すると言われています。採血の手技に関しては看護学校で学べることではないため、現場で実践を積む中でいかに吸収していくかが大切です。こちらのページでは採血の手順や種類、その他注意するべき点などについてまとめています。採血が上手くできるようになれば、看護師としての自信も身につくはずです。

血液製剤とリスク

看護師が学ぶべき専門知識として挙げられるのが、血液製剤です。献血や採血などに関わる看護師にとっては使用する機会も多いでしょう。しかしこの血液製剤の取り扱いにはある規定やリスクが伴うため正しい理解が必要となります。特に血液製剤が持つリスクとしては未知の感染症への対策やウインドウ・ピリオドといった様々な要因から完全な安全性の確保ができないことです。このような事態に対しても臨機応変に対応するためには血液製剤の取り扱いに対する知識を身につけておく必要があります。

血液透析での合併症

近年の人工透析治療において患者が選ぶ治療法として増えているのが血液透析です。専用の機械を使うことで血液を浄化することができる治療法ですが、必ずしも安全と言いきることはできません。血液透析には合併症のリスクを伴い、敗血症と同じく重傷化すれば患者の生命に関わる場合もあります。血液透析を選択する患者が増えているからこそ、看護師の透析治療に対する専門知識の理解も求められているのです。医療事故に繋がらないようこちらのページで理解を深めましょう。

重篤な症状を引き起こすこともある敗血症

血液を扱う際にリスクとなるのが敗血症です。病気の原因となっている幹部に細菌が入ることで感染症を引き起こしそこから起こる症状ですが、この敗血症はひどい場合だと患者の命を脅かす可能性もあるため知っておく必要があります。特に採血などを担当する看護師にとっては必ず知っておかなければならない知識です。敗血症が起きるケースは決して多いわけではありませんが、万が一患者に敗血症の症状が見られた場合に迅速に対応できるよう事前に理解を深めておきましょう。ここでは、敗血症に関して原因や治療方法などを解説しています。

あわせて読みたい記事